時代に合わせたウェディングのカラクリ教えます

何から始めるの?披露宴準備の進め方

会場が決まったら・・・ こんな飾りつけをしたい、あんなドレスが着たい…と夢が膨らみますよね! 『結婚式の準備は大変・・・』とよく耳にしますが、それでも一旦、一休み!! 会場探しで、だいぶ疲れましたからね・・・ はっ!と気づき、いざ始めようと思ったら何から始めるの?という方も多いはず。 何がどう大変なのか・・・どういった工夫ができるのか・・・事前に確認をして、完璧な結婚式準備を目指しましょう。

なぜ、結婚式・披露宴・ウェディングパーティーの準備が『大変・・・』と言われるのか

なんといっても準備項目の多さがまず挙げられるでしょう。そのため、何か月も前から準備を進めていくといったケースがほとんどです。なぜ、準備項目が多いか・・・大半は『おもてなし』から増えています。特に日本は≪礼儀やしきたり≫を重んじる文化があり、何を決めるにも時間がかかります。ここでは卒業花嫁に聞いた≪結婚式準備で一番大変だったこと≫TOP2のご紹介と変化する時代の中での工夫の仕方を一緒に見ていきましょう!!

第1位:圧倒的に『招待状(ペーパーアイテム)』!!


4か月~3か月前、打合せが本格的に始まりまず最初にぶち当たるのが招待状。コスト削減のために自分で作る方が増えているなか、下記のような準備が必要となります。

・使い慣れない言葉遣いでの文書作り
『、』や『。』って使っていいの?
ウェディングの忌み言葉って?
差出人は自分たち?両親?連名?
そもそも、作り方がわからない

・送りたいけど住所がわからない。結婚の報告とともに住所を伺う
目上の方にメールでの報告でいいのか
会って報告すべき人はいるか
電話で聞くべきか
勤め先の方への招待状は手渡しで良いか

・宛名書き、封入作業
本当に名前はあっている?
個人宛?ご夫婦宛?ご家族宛?
招待状一式漏れなく入ってる?
乾杯、祝辞、受付、、、お願いする人に別途ご案内が入ってる?
返信用はがきに切手が貼ってある?

あげれば切りがありませんがこんな悩みを解決する一つとして【WEB招待状】の利用が増えています。
<新郎新婦のメリット>
■紙に比べてコストを抑えられる
■デザインが豊富
■動画で招待メッセージなどを送れる
■出欠の集計管理が自動でできる

<ゲストのメリット>
■ポスト投函が不要
■手持ちのスマホで手軽に出欠の連絡ができる
■挙式当日の受付がスマホでできる
■返信を忘れていた!となってもすぐ対応できる
■字にあまり自身がなくても心配無し!

プランナーさんにも招待状業者さんにも言われる懸念としては
失礼にあたるのではないか・・・といった点ではありますが
WEB招待状が届いて、新郎新婦のことを失礼と思う割合はごく僅かなようです。
50代60代への調査でも10%以下
無礼といった感想より『楽だ!』『今はこんな招待状があるんだ』といった感想の方が圧倒的に多いようです。

記事ページCV

第2位:ご両親とも揉める【引き出物、引菓子、縁起物の手配】


・引き出物はちゃんとしたものを
・土地柄風習が・・・
・センスの良いお返しをしたい


など、悩みはそれぞれですが、そもそも引き出物は両家からのお礼、引菓子は新郎新婦からのお礼、縁起物は相手の幸せに気を遣った新郎新婦からの『気持ち』とされています。3品の場合もあれば5品の場合も7品の場合もあります。偶数を避けるのは割り切れる数字を避けるといった風習です。

物が多くなればなるほど、ゲストの帰り荷物が気になってしまいます。地域によっては、陶器を入れるべきや食器を入れる風習がなど・・・。近年、引き出物のレパートリーも多様化する中で、既に利用経験のある方も多いと思いますが『引き出物 宅配サービス』の需要が増えています。宅配サービスを利用すれば陶器や食器も気にせず選べますね。重さ軽減のためにカタログギフトにする新郎新婦も多いですがカタログギフトの宅配需要も多いですね。業者さんによっては予算が削減できたりこのサービスを推奨している披露宴会場も多数あります。昨今のコロナウイルスの影響もあり結婚式・披露宴も完全オフラインからオンラインに変化しつつある現在『引き出物 宅配サービス』はますます使いやすくなるアイテムのひとつになりますね!!

≪礼儀やしきたり≫を重んじる『おもてなし』の心がある日本。世の中が、どんどん便利になっているなか『おもてなし』も多様化しています。結婚式はこうじゃなきゃいけない。これは失礼に当たるのでないか。そんな凝り固まった考えを今、変える時なのかもしれません。

この情勢下、今まで通りの結婚式・披露宴・ウェディングパーティーの実施自体が難しい中、今まで通りの『おもてなし』にこだわりたくてもこだわれない状況です。ただでさえ準備が大変といわれる結婚式。時間をかけることだけが気持ちの込め方ではありません。このタイミングだから今までと違っても気持ちは伝わるはず!今だからこそ工夫をして、『楽』をして、今までよりスムーズな準備をすすめませんか。

記事ページCV

CATEGORY

OFFICIAL ACCOUNT