時代に合わせたウェディングのカラクリ教えます

いつパーティー開催するのがおすすめ?

GOTO関連が盛り上がり、人が集まることが徐々に緩和される中 披露宴開催の判断は新郎新婦様ご自身。 いつから開催してよいのか、お悩みの声をたくさんいただきます。 開催するにも準備期間が必要となり、焦りながらのお問い合わせも多数。 ここでは、いただいたお声に対し予約から開催まで安心いただける方法をご紹介します。

誰か教えて!いつなら開催してOKなのか。。

新郎新婦様なら誰しもが心配すること、ゲストが集まってくれるのか。
親族も含め地方からの参加者も多い場合にはより心配が膨らみますね。

もちろん、正解はありません。。お伝えできることは、現在(2020年11月時点)の開催状況となりますのでお悩みの方々へ、ぜひ参考になれば幸いです。

緊急事態宣言中は開催される方はおらず、延期をされる方がほとんどでした。
6月頃に様子を見て開催する方々も増えましたが、7~8月はそもそもウェディングの閑散期。そして9月より徐々に増え始めましたが、招待するゲストは通常期の半分以下というのが実情。10月からはゲスト人数も多少増加傾向が見えてきました。


9月、10月に開催される方は緊急事態宣言中に延期を決断された新郎新婦様が多いものの、実はコロナ禍にて会場を決められた方もいらっしゃるのです。でもなぜ、会場を事前に決められたのでしょうか?準備期間も必要なウェディングだからこそ、しっかり準備が必要ですね。そんな思いに寄り添いたいと、会場からの思いが形になりました。

安心いただける申込み方法とは?

お問い合わせはありつつも、新郎新婦様が懸念されるのは、その日本当に開催できるのか、開催してよいものか。。一方で、会場側はコロナ対策を万全にしても、通常営業でもお客様が入りにくい状況でした。

そこで、会場側と協力し合い、申込み後のキャンセル料を、開催日の7日前まではいただかない!と決めました。通常であれば一旦お申込みをいただくと、一般や貸切のお客様をお断りするためキャンセル料が発生しますが、無理なく安心して予約をし、準備を進められる環境がつくれた為に、今秋の開催が叶った新郎新婦様もいらっしゃいます。

情勢に合わせた開催スタイルを選択しよう

予約は完了したものの、ここからが本題です。開催日の状況が見えず、どう準備を進めたらよいものか。。ご相談のお声はこのような状況でした。

・今までのような大人数が集まっての会食は避けるべきなのか
・遠方からのゲストは果たして来れるのか
・オンライン結婚式も耳にするようになったが、楽しめるのか

などなど、見えない環境にどう準備したらよいものか悩むお声も。

ならば、開催方法を1択ではなく、情勢に合わせて変更できる形にすることで
開催を希望されるお客様の声に、3つの選べるプランを備えました。

以下に、それそれのプランと特徴をご紹介します。

①オンラインLIVEウエディング

「自分たちの開催したパーティーでコロナ感染が広がってしまったら・・・」というご不安を抱く新郎新婦様が多数いらっしゃる中
お二人だけ会場で、参加するゲストの方はご自宅からオンラインで参加という形式を紹介いたします。
結婚式の運営経験豊富な司会者と専用オペレーター、自宅に居ながらスマホでゲームに参加できる「エモゲーラボ」がプランに含まれています。盛り上がるかどうか・・・というご不安も解消しゲストに参加して良かったと思っていただくパーティーを実現します。

オンラインでのポイントは、乾杯ドリンクやおつまみ、会場にて入刀するケーキをゲスト宅に事前配送し、別々の場所に居ながらも、同じ飲食を共にすることで、まるでその場に居るかのような一体感を演出します。幹事を頼むような特別仲の良いご友人様数名は会場に直接お越しいただくことも可能です。

②ゆったり少人数ウエディング

ゲストは会場に集まって欲しいけど、従来のような大人数での会食は3密で不安とお考えの新郎新婦様には、空間をゆったり使い、時間もゆっくりな着席、個食提供、2.5時間プランをご提案いたします。

例えば80名~100名収容可能な会場を贅沢に30名で貸切。ソーシャルディスタンスに配慮したレイアウトで、お食事もお一人ずつ配膳いたします。通常、2時間のパーティーはイベントが盛りだくさんとなり、ゲストとゆっくりお話しすることもままならないですが2.5時間のゆったりでこれらも解消できます。

映像制作、ゲームアプリ、装飾、備品、景品、プチギフト、司会者、オペレーターなど累計3万組のパーティープロデュース実績を誇るアドバイザーがお二人に必要なものだけ手配のお手伝いをいたします。

③ハイブリッドウェディング

上記①②の合わせ技にて、ゆったり会場を使用しながらオンラインでの参加も。参加人数と会場のキャパに合わせて自由に組み合わせ可能となります。

3つのプランは情勢と、お客様の環境に合わせて利用いただいており、しっかりと準備を整えてから、1か月前には開催方法だけ決めることで妥協の無いウェディングを開催いただけます。

会場は早い者勝ち!

安心して予約できる7日前までのキャンセル無料そして、情勢と環境に合わせて選べる開催方法を備えた結果当然ながら人気会場は早期にご予約をいただく状況です。

新郎新婦様にて希望内容をすり合わせてからの動き出しもよいですし漠然としたイメージだけでもあれば、無料相談カウンターにてプランナーと一緒にイメージを固めていくのもありですね!イメージに合う会場を、まずは早期に見つけましょう。

結論、開催のタイミングはお客様次第です。ならば開催できる方法を提供差し上げること、これが我々の使命なのです。先日②を2部制に分けて開催されたお客様よりゲストとゆっくり話ができて大満足ですとお言葉を頂戴しました。

つまりは、いつでも開催可能ってことですね!

CATEGORY

OFFICIAL ACCOUNT