時代に合わせたウェディングのカラクリ教えます

コロナ禍で業界内外から大注目の少人数結婚式とは

新型コロナウィルスの爆発的流行に伴い、従来型の大人数を招待する結婚式から、少人数でソーシャルディスタンスを保って実施するニューノーマルな結婚式が注目されています。

少人数結婚式とは

少人数結婚式とは?

少人数結婚式とは、そもそもどのような定義なのでしょうか?新型コロナウィルスが流行する以前の結婚式・披露宴の招待人数平均は60名~80名ほどと言われております。ホテルの大きなバンケットや豪華なゲストハウスを貸切って行うタイプが一般的な結婚式・披露宴のイメージではないでしょうか。

それに対して、コロナ禍で業界内外からも大注目を集めている「少人数結婚式」の人数とは?まず第一に、新郎新婦お二人だけというケースがあります。実はBeforeコロナの時代にも存在していた少人数結婚式ですが、大勢を招待するとなるとお二人にとっては招待者リストを作成するだけでも大仕事。大変な負担と耳にすることも多いです。それもそのはず。両家のバランスや会社、友人関係にどこまで声をかけるのか?この人は結婚式から、この人は披露宴から、この人は二次会からと、これまでの人生を振り返っておもてなしの心で始めたリスト作りがいつしか友人ランク表になってしまうようで憂鬱。。。そんなお声もあったほどです。

少人数結婚式なら家族だけ、親族のみ、数名の親友を加えてなど、10名~多くても30名くらいまでの規模感がおススメです。オンライン配信元年と呼ばれる2020年ですが、会場にお呼びしないゲストはオンラインで気軽に参加してもらうことも可能です。

年末年始の帰省をどうするかすら迷うこのご時世、遠方から高齢の親族を呼ぶのは更に気を使いますよね。呼んでも呼ばなくても否定されてしまうのではないか?という不安を抱える新郎新婦様も多いとお聞きします。妊娠中や小さなお子様がいらっしゃるご友人、遠方や海外在住のご友人もリモート参加ならお二人の門出に参加できちゃいます。

筆者である私自身も約10年前に結婚式を挙げましたが、小学校の頃から仲良くしている友人が仕事でイタリア在住でした。どうしてもタイミングが合わず、「ごめん、欠席で」となりましたが、今ならオンラインで参加してもらうこともできたのになぁと少し悔しい想いです。

キャンペーン202104

少人数結婚式に向いているカップル

では、少人数結婚式に向いているカップルとは、どんなお二人なのでしょうか???

色々な考え方がありますが、
 ①費用を抑えたいカップル
 ②新郎側、新婦側のゲスト数に差が出そうなカップル
 ③結婚式やるかどうか迷っていたカップル
このようなお二人が「少人数結婚式」にピッタリなのではないでしょうか。

結婚式ファーストミート

まず、少人数であれば一般的なホテルやゲストハウスで行う結婚式よりもとても低予算でのご実施が可能になります。概算400万ほどかかっていた通常の結婚式が100万円以内でご実施することが可能と言えるでしょう。前述したように、会社関係やご友人を幅広く誘おうとすると、どうしてもお二人の間のゲスト数に差がでてしまいます。少人数結婚式なら招待する方を最初から絞れるので、そのような心配もご無用です。

結婚式を行うかどうか迷っていた方の中には、派手に人を集めて多くの人から注目されるのが苦手。でもウェディングドレスは着たい!両親や祖父母には結婚式の姿を見せてあげたい!とお悩みのご新婦様も多くいらっしゃると思います。少人数結婚式なら、そんなお悩みも解決することができます!!

キャンペーン202104

ただ人数が少ないだけでは安心安全は叶わない?

一方で、ただ人数を少なくしただけで安心安全な結婚式が叶うかというとそうではありません。元々、最大20名という会場にて20名のゲストをお呼びしてパーティーを行うと、どうしても密を避けられません。少人数結婚式のポイントは広い会場で、少ない人数で、という形式にこだわることです。

結婚式テーブル装飾

結婚式を挙げた後は、会食パーティーを行うことが一般的です。十分なソーシャルディスタンスを保つことができ、感染症対策の施された会場を選ぶことが重要ですね!!

記事ページCV
LINE導線
キャンペーン202104

CATEGORY