時代に合わせたウェディングのカラクリ教えます

会費15,000円で持ち出し無しも叶う!

フルコースにてもてなす結婚式、ゲスト一人当たりにかかる平均料理代は16,000円ほど。 その他に、当然必要なお飲み物や、引き出物と引き菓子。 ゲストへ提供する内容だけでも20,000円を超える費用に、さらに衣装や装飾と演出などなど 当然ご祝儀だけでは賄えずに新郎新婦の持出しは高額に。 では、これを披露宴会場ではなく1.5次会や一般営業も行っているレストランで開催するとどうでしょう?

結婚式でかかる費用の大半はお食事代?

披露宴に列席された方ならお分かりかと思いますが結婚式でのおもてなしと言えば、豪華なお食事ですね!普段中々お目にかかれない「フルコース」は特別なおもてなしです。そしてもちろん、結婚式を開催する上でかかる費用の大半は、この「お食事代」です。

ゲストには祝儀もいただくため、会場の雰囲気にも合わせておもてなしをしたいと考える新郎新婦様が多く、費用をなかなか削減することが難しいですね。お悩みになる新郎新婦様も多いとのこと。

では、ゲスト側としてはどうでしょう?

ご祝儀の相場が3万円に対し「フルコース」は16,000円。祝う側も負担が大きく、提供する側も悩まれるこのお食事問題、ぜひ解決したいですね!

ちなみに、フルコースとは前菜に始まり、スープ・魚料理・肉料理・ソルベ・
ローストの肉料理・生野菜・甘味・果物・コーヒー。聞いただけでお腹いっぱいですね。。思い返せば、お酒も提供される中でのフルコースは、帰りの道中お腹がパンパンだった記憶しかありません。

レストランウェディングのお食事事情

一方、1.5次会などのレストランウェディングでのお食事提供は、ビュッフェ提供や大皿ビュッフェといった、提供方法にフルコースほどの手間がかからないこともあり、5,000円前後の価格で、フリードリンクも込みといった費用になることが多いです。

フルコースではお互いの費用負担もボリュームも多く、ビュッフェではカジュアル過ぎて不安。

この間をとったお食事が「個食提供」なのです!
ビュッフェの料理をベースとした個食提供のため、ボリュームも費用も共におさえられ、今どきの新郎新婦様へ好評となりました。

少人数だから叶う、レストランウェディングでの個食提供

実際のメニューとオペレーションを結婚式場とレストランにて比較してみましょう。

個食提供では、ワンプレートに数種類盛ることでレストランスタッフのオペレーション工数を削減し、7千円~1万円の低価格にて、質の高いお食事を個別に提供できることが人気の1つです。

コロナ禍だからこそ「個食提供」が求められる時代に

とはいえ、レストランではお皿の枚数も人員にも限りがあるため、100名以上の個食提供可能な店舗は、ほぼありません。また、結婚式場では必要人数に届かず開催を断念される方々も。

昨今のコロナ禍において、20名~40名前後の少人数での開催希望が増えた為レストランでの「個食提供」が求められているのかもしれません。

結婚式場とエモパ!の「少人数ウェディング」における各アイテム比較

ここまでお食事問題を紹介してきましたが、あと、気になるのは飲食以外にかかる「各種アイテム」ですね。こちらもプラン内容を比較してみましょう。

こんなにも、差が出るんですね。。
結婚式場でも、自作や持込みにてうまくやりくりされている方々もいましたがレストランではその必要もなく、好みのアイテムを自由に選べるようです。また、レストランだからこそ不要となるアイテムやオンライン招待状の利用にて、招待状の準備・郵送・返信・出欠管理が無くなるのも魅力的です。

上記には記載されていませんが、披露宴の中盤にてお色直しをしていた演出もレストランウェディングではオンラインクイズゲーム(エモゲーラボ)を利用し、ずっと同じ空間で楽しみたいという声に一役買っているようです。

このように、少人数ならではの旨味を利用したウェディングこそが、個食提供での少人数ウェディングとなるわけですね!

大切なゲストを招待するからには、お互いに満足度の高いウェディングができたら良いですね。

CATEGORY

OFFICIAL ACCOUNT