時代に合わせたウェディングのカラクリ教えます

これならコロナ禍でも安心 少人数結婚式で人気の演出

コロナ禍のウェディング、消毒やソーシャルディスタンスなどの感染症対策も、せっかくやるなら楽しく、オシャレに行いたいもの。

MAISON ROSE新郎カメラ

コロナ禍の少人数結婚式ならではの演出をご紹介♪これから結婚式や1.5次会をお考えの方はぜひご参考にしてみてくださいね。

消毒

入口や受付に、消毒液を設置しているのは最早当たり前の光景。消毒液を可愛く装飾して、演出の一部にするのもいいですね。

さらには、新郎新婦のお二人が、消毒液を持ってゲストをお出迎えすれば、普段は味気なくなりがちな受付の時間も、楽しい時間に早変わり。少人数のウェディングだからこそ、ゲストとの時間もたくさん取ることができます。

キャンペーン202104

受付

ご祝儀や会費を渡して、芳名帳にサインして、席次表をもらって、、この一連の流れでも接触の機会が度々ありますね。

会費制の少人数結婚式の場合、WEB招待状を利用し、会費も事前に支払っていただく、という方法もブライダル業界で注目を集めています。そうすれば、受付そのものが不要になり、リスクも、受付をお願いする負担も減ります。

また、招待状といったペーパーアイテムの費用も手間も節約できます。事前に会費を集められるので、予算立てもとても楽になりますよ。WEB招待状は、結婚式二次会の場合にも、とても便利です。

演出

コロナで制限が増えてしまったことを、逆手にとって楽しい演出に変えてしまおう!という発想の演出が人気です。

例えばファーストバイトも、持ち手が1~2mほどあるスプーンを使って、あえてソーシャルディスタンスをアピール。なかなか口に入らないゲーム性と、コロナを楽しく乗り切るお二人のスタンスに、パーティーも盛り上がります。

人前挙式での演出として、二人の結婚指輪を長いリボンに通し、ゲストがリボンを通じて指輪をリレーしていく、というリングリレー演出も人気♪人と人とが接触することなく、ソーシャルディスタンスを保った上で、ゲストとお二人とを繋いでいく演出は、まさにコロナ禍ならではと言えますね。

また、会場に来られなかった方を、オンラインで繋いでメッセージをいただく、というのも、コロナ禍では一般的になってきました。新郎新婦様にはサプライズで、友人が企画してオンラインでゲストからメッセージをいただく、というのも素敵ですね。

オンラインで参加してくれるゲストにとっても、会場に行けなくても新婦のドレス姿や、新郎のタキシード姿が見られるというのは、ビデオメッセージでは叶わないことでした。

キャンペーン202104

食事

披露宴の人気の演出の一つでもあったデザートビュッフェ。コロナ禍においては、トングを使いまわしたり、密になりやすいビュッフェ事態が難しくなりました。そこで、デザートはビュッフェ形式ではなく、ひとつづつお皿に盛り付け、新郎新婦のお二人がワゴンでゲストのテーブルを回る、という演出はいかがでしょうか。ゲストとのコミュニケーションも取れ、一石二鳥ですね。

写真撮影

どうしても密になりがちな写真撮影。とはいっても、来てくれた家族や親族、友人達との写真は、必ず残しておきたいものですよね。

デコレーションした透明のうちわを全員に配布して、写真を撮る際にはフォトプロップス代わりにすれば、コロナ禍のウエディングだからこその可愛い写真が残せます。全員お揃いのマスクも、あえてシュールな写真を撮るのも◎。

オリジナルマスク

沢山あるコロナ禍の少人数結婚式ならではの演出。ほんの1部だけ紹介させていただきました。新郎新婦のお二人にとって、コロナ禍の結婚式は悩むことが大変多いと思います。

ブライダル業界も、様々な対策を講じています。その式場や、レストランならではの楽しめる対策も様々。お二人が前向きに、楽しい気持ちで準備が進められるよう、応援しています!

LINE導線
キャンペーン202104

CATEGORY