時代に合わせたウェディングのカラクリ教えます

ドレス選び《生地の種類》

『憧れの花嫁姿』それぞれ素敵なイメージがあると思います。 希望のライン・デザインなのに何か違う。 ドレスの生地が違うだけで全く印象が変わります そんなお悩み解消のために、ここではドレスの代表的な生地をご紹介していきます!!

シルク


シルクは良く耳にする高級素材ですね。ウェディングドレスでは定番の素材です。とても美しい光沢があり、シンプルなドレスでも花嫁姿を優雅で上品に、会場を華やかに見せてくれます。


また、軽い、やわらかい、手触りがなめらか、吸湿性がいいという特徴もあります。天然素材なので、肌が弱い人でも安心して身に着けることができます。


ただし、シルクは汗染みができやすく、日光でも黄ばんでしまうほど変色しやすい素材です。


ドレスを購入する人は、挙式当日までの保管方法を考えておくと良いですね。シルクというのは絹糸のことを指しますが、実はその織り方にもいろんな種類があります。織り方によって、まったく別の質感にもなります。

レース

レースは、ウェディングドレスには欠かせない生地です。

クラシカルで優雅な雰囲気になるので、レースに憧れがある女性も多いです。

例えば、胸元や背中、袖など一面にレースを使ったドレスは、繊細さと透け感が、豪華でもあり可憐な印象も与えます。レースの模様や折り方によって、かわいいものも大人っぽいものもあるので、好きなレースを見つけてくださいね。

サテン

サテンは光沢があってツヤッとしている生地です。こちらも、ドレスによく使われる素材です。

サテンは生地の織り方のひとつで、縦糸か横糸のどちらかをできるだけ織り込まないようにして、表面に糸を長く浮かせた織り方です。


光沢がある生地なので、生地の輝きが華やかさをプラスします。手触りは柔らかくなめらか、しなやかでドレープ性が高く、ドレスにするとラインが強調されてゴージャスです。

シンプルなデザインでも動きが出て、素材の良さが高級感を演出してくれます。エレガントな生地なので、シンプルで大人っぽいドレスを好む人に人気があるみたい。ポリエステルやナイロンだけでなくシルクもサテンの素材としてよく用いられます。


シルクを使ったサテン生地は特に光沢感が強く「シルクサテン」と呼ばれ、高級ドレスに使われることが多いようです。

チュール

チュールは六角形やひし形の網目模様をした薄手のメッシュ素材のことです。亀の甲羅のように見えることから、日本では「亀甲紗(きっこうし)」とも呼ばれています。

軽くて透け感があり、ドレスの華やかさを出すのにぴったりの生地です。チュールドレスの特徴は、全体的に透け感があるので柔らかい雰囲気になり、裾はぼやっと透けるので美しいです。

また二重三重に重ねても、透ける素材なので重苦しい印象ならず、カジュアルな結婚パーティーや1.5次会にも向いています。スカート部分にチュールを重ねてボリュームを出せば、とてもゴージャス。ふわふわした見た目で、花嫁からも人気のある素材です。


シワにもなりにくいので、海外ウェディングでドレスを持って行く人などは、ドレスの畳みじわを気にしないでいいから安心です。


チュールには大きく分けてソフトチュールとハードチュールの2種類あります。
ソフトチュールは、薄手で見た目もさわり心地も柔らかいチュール。ドレスの飾りやベールに使われることが多いです。


ハードチュールは厚手でハリがあり、格調高い印象。ドレスのふくらみを出すためのパニエや、スカート部分の裏地と表地の間でよく使われます。

オーガンジー

オーガンジーはオーソドックスな平織りに特殊な加工を施した、透け感のある薄い生地のことです。チュールとよく似ていますが、チュールのように網目状ではありません。

半透明で軽い光沢があり、エレガントなドレスには欠かせない生地です。上品な透け感とシャリッとしたハリのある素材感が、繊細な雰囲気を演出してくれます。


ドレス全体に使っても上品な透明感のある素材です。特にスカート部分に使われることが多く、生地をたくさん重ねてボリュームを出しても、透け感があるので重たい感じになりません。


フリルにもよく使われているようです。フェミニンさを醸し出しながら豪華さも出せる素材ですね。オーガンジーの中でも、

 ・しっとりしてなめらかな生地感が特徴の「シルクオーガンジー」

 ・通常よりも透け感のある「グラスオーガンジー」

と種類が分かれます。

シルクオーガンジーは、歩いたときに動きが出て、とても美しい生地です。
グラスオーガンジーはまるでガラスのように透け感があり、自然光で上品に輝くので、ガーデンウェディングにおすすめです!

シフォン

シフォンも一般的な平織りでできた薄くて軽い生地です。オーガンジーとよく似ていますが、より柔らかく、透け感はオーガンジーほどありません。

とても軽いのでドレープ感がきれいで、サテンのような重みのある生地の上から重ねて使われることが多いです。


柔らかくて自然なドレープは、ボディラインを美しく魅せてくれますよ。シルクでできた「シルクシフォン」がドレス素材としては有名です。

タフタ

タフタは、パリッとしたハリ感と独特の光沢感がある生地です。シワ感があって少し硬い印象があります。もともとはシルクで織られていましたが、現在は化繊のものが多いです。

昔から高級婦人服に使われていた素材で、最近ドレスに使われることが増えてきたようです。着心地がとても軽く動きやすいので、花嫁に優しいですね。


生地に動きをつけて陰影を出しやすいので、ふんわりとしたプリンセスラインのドレスによく合います。また、シルクでできた「シルクタフタ」はAラインのドレスに使われることが多いみたいですよ。

実際に触ってみたほうが、その違いは歴然です。
試着の際はぜひプランナーさんに生地の素材を聞いてみてください。
あなただけの『憧れの花嫁姿』が見つかるはず!!

記事ページCV
line_2

CATEGORY

OFFICIAL ACCOUNT