時代に合わせたウェディングのカラクリ教えます

ドレスの選び方《ラインとホワイトカラー》

花嫁の大きな準備の一つに衣装選びがありますね! 大切な結婚式、「おめでとう!」の言葉と肩を並べるくらい「綺麗!!」「かわいい!!」の声を期待してしまいますよね。 今の流行は?私って何が似合うの?など気になるポイントは様々だと思います。 ドレス知識を身に着け、自分の特別な1着を見つけていきましょう!!

知っておきたいウェディングドレスの形と色

ひと言で【ウェディングドレス】といっても形、色が様々です。それぞれの特性を見ていきましょう!!

記事ページCV

ドレスの形


ドレスのシルエットは大きく分けて5種類。
それぞれ異なった雰囲気があります。
シルエットを理解しておくと試着の際に役立ちます。

①Aライン


「Aライン」は、ウエストの位置が高く、腰の位置から裾にかけて徐々に広がっていくシルエットがアルファベットの「A」の形に見えることが由来です。シンプルで上品なシルエットであり、ウエストがスッキリとフィットすることとスカートに重心が集まることでバランスもよく、どんな体型の人でも似合いやすい人気の高いラインです。ウエストの切替がないことで「縦」の流れを強調してくるので、身長が高く見え、足長効果もあります。Aラインのドレスは、トレーンが長いものも多く、バージンロードが長い大聖堂によく似合います。

②プリンセスライン


「プリンセスライン」は、上半身はボディラインに沿ったスリムなデザインで、ウエストでラインの切替があり、スカート部分が裾に向かって大きくボリュームを出して膨らんだデザインが特徴です。可愛らしいお姫様のイメージの正統派ドレスともいえます。スカートのふわっとしたエアリー感によって、華やかで可愛らしい印象を持たせることができます。プリンセスラインも比較的誰にでも着こなせるデザインで、スカートのふくらみでお腹部分を隠せるためマタニティドレスとしても人気があります。スカートの広がりはパニエで調節しましょう。ボリュームのあるドレスなので、広い会場でも注目を集めること間違えなしです。

③マーメイドライン


「マーメイドライン」は、名前の通り人魚のようなシルエットのドレスです。上半身はボディラインにフィットしたタイトなシルエットですが、膝下あたりから魚の尾びれのようにフレアに広がるデザインです。大人っぽくセクシーなイメージを演出できます。メリハリのあるデザインのため、女性らしい自然でしなやかな曲線美を見せることが出来ます。女性らしいしなやかさに加えて華やかさも演出したい花嫁は、裾の部分にフリルやドレープが入ったタイプを、タイトでスタイリッシュな印象を持たせたい花嫁は裾野広がりが控えめなタイプを選んでみましょう。高身長の花嫁にはぴったりのラインです。

④エンパイアライン


「エンパイアライン」は、胸下からの切替でスカート部分が多いのが特徴で、ナチュラルなイメージを演出するデザインです。古代ギリシャの女神をモデルとしたデザインで、年齢を問わず着ることができるデザインです。シンプルながら、スカート部分の揺れ動きがロマンティックな印象を演出してくれます。そしてハイウエストが縦のラインを強調し、背を高くスレンダーに見せてくれるので、気品のあるセクシーさも演出できます。またウエストを締め付けないのでマタニティの方にもおすすめです。昨今のドレスのトレンドは「ナチュラル」なので、エンパイアラインのドレスを結婚式で着用する方も増えています。

⑤スレンダーライン


「スレンダーライン」は、身体のラインが強調される細身のシルエットデザインで、スタイリッシュで大人の雰囲気を醸し出せるドレスです。マーメイドラインのようにフィットしませんが、ボリューム感のないシンプルなシルエットがスッキリとした印象になるため、大人っぽく見せたい方におすすめです。また長身でスリムな方にはよく似合うドレスです。ドレス自体がとてもシンプルなので小物にこだわってみると良いでしょう。裾さばきが楽で小回りも利くので、レストランウエディングに向いているシルエットといえます。「エンパイアライン」同様、ナチュラルな印象をつくりやすいので、昨今の人気なラインです。

記事ページCV

ドレスの色


ウェディングドレスと言ったら白!!
実は白と一言で言っても数多くの種類があります。大きく分けると3種類あり、ホワイト・オフホワイト・アイボリーに分けられます。自分のお肌の色を把握しておくとドレス選びがスムーズになります。どんな色が似合うの?自分のお肌の色って何?という方はドレスショップのスタッフさんに聞いてみたり、パーソナルカラー診断など受けてみてもよいでしょう!

①ホワイト


3種類の中でも最も純白に近いのが、ホワイトです。ホワイトは一般的には肌の白い人(青の強い白肌の人)が似合うといわれています。また反対に色黒の方でも、白さが際立つホワイトだからこそ、肌とのコントラストをおしゃれにいかせると人気があります。

あこがれる純白ドレスですが、黄色人種の多い日本人にはホワイトのドレスは全体の約2割!!探すにはドレスショップのスタッフさんに尋ねてみることをお勧めします。

②オフホワイト


白色の中間色でもあるオフホワイトは、黄色人種の日本人の肌に一番馴染みやすい色です。そのため現在の国内のウエディングドレスのほとんどがオフホワイトで作られています。オフホワイトは肌の色で好き嫌いをしない万能な色なので、その分デザインやシルエットの種類も豊富です。試着をするならまずはこの色を選べば肌色で悩む心配はありません。女性らしい柔らかい雰囲気の印象なので、多くの方に選ばれています。

③アイボリー


黄色みがかったホワイトのことをアイボリーといい、肌の色の黄色みがより強い人にはアイボリーが肌に馴染みやすく似合います。ドレスを見た印象としては色味が強いと思われがちですが、身にまとってみると、不思議と肌が明るく見える優秀な色なのです。また、素材そのままの色を使っていることが多いのでナチュラルで優しい雰囲気になり、ガーデンウエディングなどにおすすめです。

形と色だけでも多種あるドレス。ネックデザイン、袖のデザイン、生地、装飾などここをベースに無限に広がります。まずはSNSなどで自分の好みのドレスをイメージしてみてください。自分の憧れの姿がどんなドレスかが明確になるはず!!そこから、自分に似合うシルエットや色を加味していきましょう。きっとお気に入りの1着が見つかるはず。

ネックデザイン、袖のデザイン、生地、装飾別の与える印象や、お悩み解決の方法などはまた、次の機会で!!

記事ページCV

CATEGORY

OFFICIAL ACCOUNT