結婚式二次会で絶対避けたいNG行動

マナー

2017.10.16

結婚式二次会で絶対避けたいNG行動

結婚式の二次会で、知らず知らずのうちにNG行動をしてしまっていませんか?参加するゲストや幹事もそうですが、新郎新婦側もNG行動を行ってしまっている場合があります。参加した全員が二次会で楽しい時間を過ごすためにも、ひとりひとりがNG行動を行わないように気をつけなければいけません。この記事では、実際に二次会でどのようなNG行動が行われたかをご紹介していきますので、ご自身が二次会で同じような行動を行っていなかったかチェックしてみてくださいね。


1)幹事が酔っ払うのはNG

結婚式の二次会のようなお祝いの席にアルコールは必ずと言ってよいほど用意されています。お酒好きの人なら、飲みたくなる気持ちも分かりますが、幹事は二次会全体の進行を管理し、新郎新婦やゲストが困っている事がないか気を配る役割。そして、二次会は仲間内の飲み会ではありません。幹事自らがお酒を飲み酔っ払えば、二次会を取り仕切る人がいなくなるということなので、進行はグダグダになり一生に一度の結婚式二次会を台無しにしてしまいます。

幹事が酔っ払う事は特にNGなのですが、泥酔するのがNGであることは二次会の参加者全員に言えることです。酔っ払った勢いで羽目を外し大声を出して暴れたり、男性ゲストがお店のスタッフなどに絡んだり、お酒が弱いのに飲み過ぎてお手洗いにこもったまま二次会が終了したりなどは、本当に失礼に当たりますので気をつけましょう。


2)内輪ノリで一部だけ盛り上がるのはNG

親しいグループの中でだけ通用する面白いネタなどはあると思いますが、二次会の席でそのような話や行動をして、内輪だけで盛り上がることは避けましょう。そのような状態になっている時は、周りが見えていないかもしれませんが、他のゲストはかなり引いているはずです。


3)ゲームの景品が100均の商品なのはNG

二次会のビンゴゲームやじゃんけんゲームでは通常景品が用意されており、ゲストはその景品を楽しみにしています。その景品が100円均一の商品だったら...。確実にがっかりしますよね。むしろゲストとして大切に扱ってもらえていない気さえしてくるほどです。

嘘のような話ですが、実際に景品のすべてが100均のものだったという口コミも見かけました。はずれ景品や最下位の景品を冗談で100円均一のものにするのは、良いと思いますが、すべての景品を100均で調達するのは避けましょう。


4)余興を全く見ないのはNG

余興を行う人たちは素人なので、すべてが惹き付けられるほど面白いとは限りません。しかし、その友人たちが一生懸命お祝いをしようと練習してきた背景やその気持ちを嬉しく思っている新郎新婦の気持ちを考えると、人の余興に全く興味を示さないのはとても失礼なことです。

知らない人の余興が始まった途端、内輪でのおしゃべりに夢中になって騒いだり、自分の余興の前に打ち合わせのためといって大人数が全員で席を離れたり、スマホをずっとチェックしたりSNSで写真をアップしたりなど、すべて実際に二次会に参加した人が目撃したNG行動です。二次会に参加した時のことを振り返ってみると、上記のいづれかのNG行動をしてしまっていたという人は結構多いのではないでしょうか?


5)服装が場違いなのはNG

二次会は結婚式の披露宴に比べると、服装の制限も少し緩めになり、マナーも曖昧になるため、場違いな格好をして出席してしまう人が出てきてしまうことがあります。例えば、洋服、小物、靴まですべて真っ黒。普段は”モードな格好”でおしゃれかもしれませんが、全身真っ黒はお葬式も連想させるため、お祝いの場にはふさわしくありません。二次会の場を華やかにするためにも、せめてコサージュなどの小物で色を足したりなどの工夫をすることが必要です。

反対に真っ白のドレスも花嫁を連想させるためNGです。また、白のドレスは目立つため、花嫁よりも目立ってしまう可能性もあります。二次会の主役は新郎新婦なので、その2人よりも目立ってしまうような服装は避けましょう。

さらに肌の露出が高い服装や華美なアクセサリーも上記と同じ理由からNGです。


6)お祝いの場にふさわしくない言葉を使うのはNG

お祝いの席で『忌み言葉』の使用はNGですが、知らず知らずのうちに使ってしまっていませんか?
例えば、夫婦の別れを連想させるような言葉(別れる、割れる、終わる、破れるなど)、再婚を連想させる言葉(戻る、繰り返す、再び、二度など)、不幸や死を連想させる言葉(痛み、捨てる、倒れる、壊れるなど)、重ね言葉(たびたび、いろいろ、皆々様、わざわざ、いよいよなど)等です。普段通りに話すと使ってしまいそうな言葉ばかりですね。
これらの言葉は挨拶をする際や司会進行をする際に使用するような言葉も含まれていますが、『二次会は終了となります』と言いたい場合には、『二次会はお開きにします』というように言葉を置き換えるなどの気遣いが必要になります。

また、忌み言葉ではありませんが、あまりくだけた言葉遣いも避けた方が無難です。
やばい、ぶっちゃけなどという言葉や下ネタ用語などは決して上品とは言えません。二次会に参加したすべての人が気持ちよく過ごせるように言葉遣いには細心の注意を払いましょう。


7)歓談の時間を全く取っていない進行スケジュールはNG

幹事になって二次会のスケジュールを作る際に、余興やゲームなど楽しいイベントを沢山用意したいという気持ちは分かりますが、歓談を全く挟まず、余興やゲームでスケジュールを埋め尽くすのはNGです。出来れば余興の間に10−15分ほどの歓談の時間を数回は挟むようにしましょう。人の余興やゲームが行われている間はお手洗いに行きづらいので、歓談の時間がそのチャンスになるからです。また、女性のお手洗いは混みますので、女性のゲストが多い場合は、女性用のお手洗いが広い会場を選ぶと親切です。


8)会費をふくさなどに包んで渡すのはNG

結婚式の二次会は結婚式に比べると多くの人が参加するため、受付は混み合います。ふくさなどに会費を包んでいると受け渡しに時間がかかってしまうのでNGです。お財布から直接出すのは失礼に感じてしまうかもしれませんが、二次会ではマナー違反ではありませんので堂々とお財布から支払いましょう。もし、どうしてもお財布から直接出すのは抵抗があるという人はぴったりの金額を封筒に入れて持参し、受付の前で封筒から出して会費を支払うという方法でも大丈夫です。お財布から直接支払う場合も、もちろんおつりが出ないぴったりの額を用意しておくのがマナーです。


9)立食パーティー形式の二次会で会場に用意してある椅子に座るのはNG

会場に椅子が用意してあれば、座って良いものと思ってしまいがちですが、実はこれは場合によってはNGです。それは、立食パーティー形式である時です。立食パーティー形式の会場で用意されている椅子は、妊婦の方や、子供、高齢者のために用意されたものなので、それ以外の方は、体調が悪くなった、などの特別な理由がない限りは座らないようにしましょう。立食パーティーは、歩き回って多くの人と気軽に歓談をすることが出来るのが良いところです。椅子に座ってしまうと、積極的に二次会を楽しむという気持ちや新郎新婦をお祝いするという気持ちがないように見えてしまうということもありますので、会場内にいる間は立って会話や食事を楽しみましょう。


10)高砂に長く居座るのはNG

結婚式の二次会で高砂に長い時間居座り、新郎新婦を独占することはNGです。きれいなドレスに身を包んで幸せいっぱいの友人と写真を撮ったり、乾杯をしたり、話したい事が沢山ある、という気持ちは分かるのですが、それは他のゲストも同じです。一人の人が高砂に居座る時間が長くなると、すべてのゲストが乾杯する時間がなくなってしまうという可能性もあります。そのような事が起こらないようにかける言葉は一言ほどにし、乾杯から写真を撮るまで数分で終わらせるように心がけましょう。


11)お祝いのスピーチにデリケートな内容を盛り込むのはNG

お祝いの席ではスピーチを行う機会があると思いますが、そのスピーチの内容にデリケートな内容を盛り込むのはNGです。例えば、新郎新婦の過去の暴露話。もしすでに会場の皆が知っている内容であってもお祝いの場にはふさわしくありません。また、宗教や政治の話もNGです。二次会の会場には様々な宗教や思想の人が出席していますので、お祝いの場で思想が対立しそうな話題を話すことは得策ではありません。最後に、盲点であるのが子供の話です。『結婚をしたら子供を作る』ということが一般的には普通の流れということもあり、『かわいい2人の赤ちゃんにも早く会いたい』などの文言をスピーチに入れる方もいるでしょう。しかし、新郎新婦にも様々な事情があって子供には恵まれない方であるという可能性もあるのです。さらには、ゲストの中にも子供が欲しいのに恵まれていない人がいるかもしれません。もし新婦がすでに妊娠をしていても、二次会の席では子供の話題には事には触れないようにしましょう。

TOPICS

関連記事

二次会・1.5次会をご検討の方
お気軽にお電話を承っております。

0120-961-812

随時無料相談会も行っております。
お気軽にご利用ください。

無料相談はこちら

結婚式の二次会・1.5次会パーティー等をご検討されている方へ。会場選定からプロデュースまで専門プランナーがご案内いたします。いつでもお気軽にご相談ください。

電話でのご相談

0120-961-812

電話受付時間:10:00〜22:00
(平日・土日祝)

メールでのご相談

会場探しの相談をする