海外挙式の後は1.5次会!1.5次会を成功させるために知っておきたいこと

二次会・1.5次会の基礎知識

2017.10.11

海外挙式の後は1.5次会!
1.5次会を成功させるために知っておきたいこと

昨今、海外挙式のハードルが低くなってきており、それに伴い、海外挙式を行うカップルが増えてきています。 大手旅行会社には、必ずといっていいほど海外挙式のための旅行プランがあります。 国内挙式とそれほど変わらない費用で海外挙式ができるので、ずっと憧れていた国や、開放感溢れるリゾート地で挙式を行う人が増えているのです。 そして、海外挙式を行うカップルが増えてきたことにより、1.5次会という言葉を耳にするようになりました。

結婚式といえば、国内挙式の場合は、挙式、披露宴、二次会という流れで行われることが一般的ですが、1.5次会とは一体なんなのでしょうか? 今回は、海外挙式が増えたことにより耳にするようになった1.5次会というものの謎を解き明かしていきます。


そもそも1.5次会とは?

はじめに、1.5次会とはなんなのでしょうか? 1.5次会を正確に理解するためには、一般的な挙式、披露宴、二次会についてそれぞれ理解する必要があります。

① 挙式は夫婦となる二人が結婚することを宣誓する場です。

まずは、挙式についてみていきましょう。 挙式とは結婚式を挙げることを指しますが、結婚式そのものを指す言葉としても使われます。挙式は、チャペルや神社等で夫婦となる二人が結婚することを宣誓する式のことを指します。指輪の交換や口づけをするのが、挙式です。 挙式に参加するゲストは様々ですが、一般的には、夫婦となる二人の親族や親しい友人となります。

② 披露宴は結婚をお披露目する場です。

そして、挙式の後には披露宴を行うカップルが多いです。披露宴は、二人の結婚を親族や友人に向かってお披露目する式を指します。 ホテルの会場などを借りて、挙式に比べて大人数で行われるのが披露宴です。新婦が父親への手紙を読んだり、友人による余興があるのが披露宴です。

③ 二次会は親しい友人と二人の結婚をお祝いする場です。

通常、二次会に新郎新婦の親族は参加しません。
二次会は新郎新婦の結婚を、新郎新婦の親しい友人がお祝いする場です。そのため、二次会は挙式や披露宴と比較して、カジュアルな形式で行われることが多いです。ビンゴや新郎新婦に関するクイズを行うのが二次会のイメージです。

④ 1.5次会は、その名のとおり披露宴と二次会の中間の性質を帯びた場です。

カップルが海外挙式を行う場合、挙式の場が当然ながら海外となるため、国内挙式と比較して挙式に参加することのできるゲストが少なくなります。 海外挙式は新郎新婦と両親のみで行われることも少なくありません。そのため、海外挙式の後に続けて披露宴が行われることはほとんどないのが実情です。

そこで、海外挙式を終えたカップルが、海外挙式に参加できなかった親族や友人に、二人の結婚をお披露目する場として使われるようになったのが1.5次会です。
1.5次会は結婚のお披露目をするという点で披露宴と共通しますが、挙式と連続して行われることがないため、披露宴ほどフォーマルな会場では行われません。1.5次会は披露宴と二次会の中間の性質を持つ場なのです。


1.5次会が行われるようになった背景には、海外挙式の増加があります。

1.5次会がよく行われるようになった背景には前述したとおり海外挙式の増加があります。
1.5次会は披露宴ほどフォーマルに行われず、食事のスタイルも自由にでき、会費制にすることもできます。そのため、海外のリゾート地で挙式を行った場合、挙式と同じリゾート地の雰囲気で1.5次会を行うこともできます。 海外挙式に参加できなかったゲストに、挙式の雰囲気を伝えやすいのも海外挙式の後に披露宴ではなく1.5次会が好まれるようになった理由です。

挙式する土地を自由に選べるようになり、二人の結婚をお披露目する場のスタイルも自由に決めたいとのニーズが生まれ、1.5次会というものが増えてきたのですね。


こんなカップルに1.5次会がおすすめ!

では、1.5次会はどのようなカップルに向いているのでしょうか?
1.5次会が向くカップルを知ることは、ご自身の結婚式全体の構成を考える際に、披露宴という構成をとるのか、1.5次会という構成をとるのかを判断するヒントとなります。

1.5次会は披露宴と比較して、構成やスタイルの自由度が高いところに特徴があります。その反面、披露宴ほどフォーマルな形で二人の結婚をお披露目することには向きません。

1.5次会をそもそもフォーマルな構成にすることで、披露宴と同様のお披露目を行うこともできるのですが、それはすでに1.5次会ではなく披露宴と呼ばれるものになるでしょう。 二人の結婚のお披露目を二人で考えたスタイルで行いたいという場合は、披露宴よりも1.5次会が向きます。

ハワイで挙式をした場合、ハワイのチャペルやホテルのリゾート感溢れる雰囲気をそのまま1.5次会に流用することもできます。 挙式に参加できなかったゲストに、海外挙式の雰囲気を味わってもらうことができるのも1.5次会ならではの魅力です。

しかし、親族の中に伝統や形式に厳しい人がいる場合は、その人との兼ね合いでは1.5次会よりも披露宴を行う方が無難です。
また、披露宴は大体の流れが決まっていますが、1.5次会は構成の自由度も高いです。そのため、1.5次会をセンス良く行うためには、カップルの企画力や構成力も重要となります。

もちろんプランナーに構成の大部分の任せることもできるのですが、せっかく自由度が高いのであれば、結婚する二人で、二人の個性が光る1.5次会を作り上げたいものです。
このように、式や会を企画することが好きなカップルにとっても、1.5次会は非常に向いており、結婚する二人の個性を直接的に会に反映することができます。


1.5次会の規模について

1.5次会は一般的にどのような規模で行われるのでしょうか。
1.5次会を自由に企画するとしても、どのような規模で行うかは事前に決めておく必要があります。規模によって、抑えるべき会場も変わりますし、予算も変わります。

一般的に、1.5次会に招待する人数は、結婚式全体の構成により変化します。
海外挙式の後に、1.5次会を行い、その後さらに二次会を行う場合は、1.5次会は比較的小規模で行われることも少なくありません。 その場合は、海外挙式に参加できなかった親族や親しい友人を1.5次会に招待し、二人の結婚をお披露目することになるでしょう。 その反面、海外挙式の後に1.5次会を行い、二次会は行わないカップルもいます。

その場合は、1.5次会が披露宴と二次会の2つの性格を帯びることになるため、親族から多くの友人まで幅広く招待することになります。
このように1.5次会の規模は、結婚式全体の構成により変化します。
一般的な例にとらわれずに、結婚する二人が自由に規模を決めることができるのも1.5次会の魅力なので、構成から規模まで二人が納得できるものを作り上げてください。


1.5次会の会場の選び方とお勧め会場3選!

1.5次会は結婚する夫婦が自由に構成や規模を決めることができます。
とはいいましても、1.5次会は一般的には披露宴ほどフォーマルでなく、二次会ほどカジュアルではない印象で行われます。
そこで、今回は都内で1.5次会に相応しいお勧めの会場をご紹介いたします。どの会場も適度にフォーマルで適度にカジュアルでお勧めです。

「PATINASTELLA(パティナステラ)」


所 在 地:東京都渋谷区神山町 11-15神山フォレスト1F
営業時間:11:30~22:30
定 休 日:日曜日ディナータイムのみ
【特徴】
こちらは、ハリウッドスターや政治家まで、数多くのセレブリティーから熱い支持を得ている、全米展開のレストラングループのひとつ。「PATINASTELLA」(パティナステラ)はそのグループの海外初進出店となる店舗となります。 洗練された外観と大きな窓、開放的な空間はゲストの皆様にも心地よく過ごしていただけるかと思います。上質なサービスと芸術的な料理の数々に彩られ、特別な1日にふさわしく優雅におもてなしができる会場となります。

「arcana tokyo(アルカナトウキョウ)」


所 在 地:東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワーKITTE6F
営業時間:月~土11:00~16:00、18:00~23:00
日、祝11:00~16:00、18:00~22:00
定 休 日:なし
【特徴】
東京駅丸の内口側にあるKITTEの最上階に位置する会場です。ワンフロアに最大150名を収容することのできる大きな会場で、2面スクリーン等のパーティーを素敵に演出する設備も万全です。また、夜は東京駅の駅舎をはじめとした丸の内の端正でモダンな夜景を楽しむことができます。美しい夜景と美しい料理に囲まれて、大切な親族および友人と思い出に残る時間を過ごすことができる会場です。

「alexanders(アレクサンダーズステーキハウス)」


所 在 地:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティーセンター42F
営業時間:11:30~23:30
定 休 日:不定休
【特徴】
最高の眺望をご希望なら是非こちら。42階地上200mからは望む景色は、東京タワー、皇居、スカイツリーなど、まさに東京を象徴するパノラマビュー。特に夜景は圧巻の美しさです。こちらは、サンフランシスコ発のラグジュアリーステーキハウスとなり、メインとなるお料理は、アメリカから空輸をしている最高級のプライムビーフ。特に28日熟成肉は、空輸で直接仕入れた牛肉を自店でオリジナル製法で熟成とのこと。眺望、インテリア、料理、ワインなど、こだわりが随所に施された空間は、ゲストにも至福の時間を過ごしていただけること間違いなしです。


自由度の高い構成が可能な1.5次会だからこそ、
新郎新婦のセンスが試されます!

海外挙式の増加に伴って耳にするようになってきた1.5次会は、海外挙式の自由で開放感溢れる雰囲気をそのまま持ち込むことができます。
1.5次会は披露宴とも二次会とも違うため、新郎新婦のセンスで自由に作り上げていくことができるのです。そのような1.5次会だからこそ、構成や会場選びで新郎新婦のセンスが試されます。
1.5次会を成功させるためには、1.5次会の性質を正しく理解し、新郎新婦のみならずゲスト全員が楽しめるものを作り上げることができると良いですね。

TOPICS

関連記事

二次会・1.5次会をご検討の方
お気軽にお電話を承っております。

0120-961-812

随時無料相談会も行っております。
お気軽にご利用ください。

無料相談はこちら

結婚式の二次会・1.5次会パーティー等をご検討されている方へ。会場選定からプロデュースまで専門プランナーがご案内いたします。いつでもお気軽にご相談ください。

電話でのご相談

0120-961-812

電話受付時間:10:00〜22:00
(平日・土日祝)

メールでのご相談

会場探しの相談をする