ウェディングプランナーが教える二次会と1.5次会の違いとは?

二次会・1.5次会の基礎知識

2016.08.16更新

ウェディングプランナーが教える
二次会と1.5次会の違いとは?

最近耳にするようになった「1.5次会」というキーワード。そもそもどんなものなのかイメージが湧きづらい方も多いのでは?

そもそも結婚式の「披露宴」と、「二次会」の違いとは

披露宴は、主催者は新郎新婦とその両家。ご親族を中心に、仕事関係の上司・部下・同僚、近しいご友人の方々に、結婚の披露を兼ねて、古くからのしきたりに基づき、ご祝儀制にてご招待する宴。招待する側もされる側も失礼が無いようなマナーが必要です。
その同じ日に行われる二次会は、主催者は友人である幹事が行うことが多く、披露宴に招待しきれなかったご友人を中心に結婚の披露も兼ね、アットホームな雰囲気で、友人からのお祝いムード満載のパーティーに、会費制にてご招待する比較的ラフな結婚パーティー。

そこに新しく生まれた「1.5次会」というウェディングスタイル

最近は、近親者だけで海外や沖縄などのリゾートで式を行ない、後日友人を招待して会費制のパーティーをしたり、結婚式場やホテルを利用せず、レストランを貸し切ってお披露目を行うなど、ウェディングのスタイルも多様化しています。そんな中、披露宴ほど格式張らず、二次会よりはフォーマルなパーティーを「1.5次会」と呼ぶようになったようです。

1.5次会とは、具体的にどんなパーティーなの?

ひとことで1.5次会と言ってもそのスタイルは様々。ご祝儀制と会費制、着席パーティーと立食パーティー、コース料理とビュッフェ形式、親族も招くか上司や友人だけを招くか、幹事を立てるか新郎新婦が主催するか、など。会場によっても得意なスタイル、不得意なスタイルがあるので、まずはどんな1.5次会パーティーにしたいか、ふたりで話してみましょう。

この記事を書いたスタッフ

佐々木 昭

佐々木 昭
Executive Bridal Organizer

一日を通して新郎新婦を想い考え、提案し人生で最高の一日のお手伝いができればと思い接客しています。新郎新婦はもちろん、お二人のその後ろで支えて下さる方、一日を無事に開くまでのアドバイス、ご提案ができれば、と考えています。

TOPICS

関連記事

二次会・1.5次会をご検討の方
お気軽にお電話を承っております。

0120-961-812

随時無料相談会も行っております。
お気軽にご利用ください。

無料相談はこちら

結婚式の二次会・1.5次会パーティー等をご検討されている方へ。会場選定からプロデュースまで専門プランナーがご案内いたします。いつでもお気軽にご相談ください。

電話でのご相談

0120-961-812

電話受付時間:10:00〜22:00
(平日・土日祝)

メールでのご相談

会場探しの相談をする

TO TOP